携帯代が足りない・・・

今から3か月ほど前のことになるんですが、ちょっと困ったことがあったんです。それは、携帯代が払えない…ってこと(~_~;)

 

その時は色々と出費が重なり、気づいたときには携帯代が足りない状況になってしまったんです。今までこんなことなかったんで、いざこのような状況になってどうすればいいのか…。かなり焦りました!

 

携帯代を払わなければ、当然ながら電話は止められてしまいます。今のご時世、携帯が止まるなんて考えられません。う〜ん、、、どうするべきか。。。

いつ止まるのか?

携帯代を払わなかった場合、いつ止まってしまうのか?今まで経験がないので全然分かりません。携帯会社から事前に止められると連絡が入るのか?それとも、なんの前触れもなくいきなり止められるのか?謎です。。。

 

急に使えなくなるのも困ります(自業自得ですが…)。とりあえず現状はスマホも生きている状況なので、いつ止められてしまうのか調べてみました。

 

ちなみに僕はauのiPhoneを使ってます。auの場合は『月末締めの翌月25日が支払日』という事は私も一応分かっています。毎月25日に銀行口座から引き落としされていますからね。

iPhone

 

では、この支払日に払えなかった場合はどうなるのか?さっそく『au 携帯代払えない』と調べてみたら、ありました!

 

私と同じような状況な人が親切に、過去の経験をもとにいつ止まるのか丁寧に説明してくれてます。

 

同士ですね!(笑) どんな人か全然分かりませんが、親近感を感じますね(笑)

 

さて、この方の経験だと、auの場合は25日の支払日に払えなかった場合でも、すぐに携帯が止まることはないみたいです。とりあえず支払日翌日にいきなり使えなくなるって事はないみたいですね。

 

そして支払日の1週間〜10日後ぐらいにauからハガキ(料金未納の督促状)が送られてくるそうです。このハガキには、「〇月〇日までに支払いしてください。」的な感じの内容となっており、指定された日までに支払いしなければなりません。

 

この支払期日なんですが、通常の支払日から約15日後ぐらいとなっているみたいです。ハガキが届いてから4〜5日後ぐらいって事ですね。

 

で、この支払日までに未納分を払えたら携帯が止まることなく今まで通り使うことが出来るんですが、もし支払日を過ぎてしまった場合は、支払日の翌日に止められてしまうみたいです。

 

なので、このハガキが届いてから4〜5日後ぐらいまでは、支払いが遅れても携帯が止まることはないみたいです。

 

キャリア別 携帯停止日
携帯会社 通常支払日 携帯停止日
au 月末締め⇒翌月25日払い 支払日から約15日後
ドコモ 月末締め⇒翌月末払い 支払日から約15日〜20日後
ソフトバンク 10日締め⇒翌月6日払い

20日締め⇒翌月16日払い

月末締め⇒翌月26日払い

支払日から約15日後
Y!mobile(ワイモバイル) 月末締め⇒翌月26日払い 支払日から約20日後
LINEモバイル 月末締め⇒翌月5日払い 支払日から約10日後
楽天モバイル 月末締め⇒翌月27日払い 支払日から約15日後

基本的にはどこの携帯会社もauと同じように、支払日を過ぎたら自宅に料金未納の督促状が届くそうです。それでも支払いできなければ止められてしまうといった流れになっています。

 

どの携帯会社も約15日程度で強制的に止められてしまうみたいですね。

 

(最近流行りの、Y!mobileやLINEモバイルなどの格安スマホの場合は、メールでの料金未納の連絡が入ることもあるみたいなんで、メールをチェックしておくように!)

 

携帯を復活するには

一度止められてしまった携帯を復活させるには、未納料金を支払う必要があります。各携帯会社から届いた料金未納の請求書をもってコンビニに支払に行く、もしくは口座振り込みすることで、携帯を復旧することが出来ます。

 

もちろん、auやドコモ・ソフトバンクの店舗に直接行って支払することもできます。

 

支払後、復旧するまでにかかる時間なんですが、支払いした時間や携帯会社によって違いがあると思います。

 

各携帯会社の店舗で直接払った場合は手続きも早いと思うので、すぐに復旧すると思うんですが、コンビニ払いや深夜に支払した場合は復旧までに時間がかかる場合もあると思います。

 

まぁ長くても数時間だと思いますが、どうしてもすぐに復旧させたい場合は携帯会社の店舗に行って支払いするのが間違いないかなって思います。

 

良いことは何一つナイ!!

当たり前のことですが携帯代を支払いわなかった場合、良いことなんて何一つありません。

 

携帯が止まることで生活も一気に不便になりますし、万が一ずっと支払わなかった場合は強制的に契約を解除される事も考えられます。

 

強制解除になってしまうと、携帯会社のブラックリストに載ってしまいその携帯会社を再び利用するのはしばらく難しくなると思います。

 

またそれだけではなく、最近はスマホ本体が高額なので本体費用を分割で支払いしている方も多いと思います。携帯代を支払えない=本体費用も支払っていないと考えられます。

 

こうなった場合、携帯会社だけでなくローンなどの信用情報にも傷がつく可能性があるんです。そうなると、クレジットカードの契約やローン契約の審査にも通らなくなる可能性があるので、絶対にコレだけは避けるべきです。

 

なので、携帯代は止まる前に確実に支払っておくのが賢明でしょう。

 

お金がない場合は

とはいっても、お金がなければ支払いしたくてもできない…。といった状況だと思います。

 

このような時は、とりあえず一時的にお金を借りて携帯代を支払っておくといいでしょう。お金を借りるのに抵抗があるかもしれないですが、携帯代を支払わず未納することもある意味借金しているのと変わりはありません。

 

それなら、携帯代を借りて支払いを済ませておいた方がいいかと思います。

 

カードローンを利用すれば、小額から借りることが出来て使い道も自由です。それに返済も分割で返せていけますし。

 

私も、今回携帯代が足らずにどうしようか困ったんですが、万が一携帯が止まってしまうと不便極まりないので、カードローンで携帯代を借りて支払うことにしました。

 

カードローンの返済は月々3,000円ほどで返していっているので、月々の負担も少なく生活することが出来てます。

 

携帯代が払えずに困っているときは、カードローンの利用を検討してみるといいですよ('ω')ノ

 

プロミス


プロミスのカードローンは最短即日融資が可能となっているので、急ぎでお金が必要な方にお勧めとなっています。24時間いつでも申し込みすることができ、来店不要で契約することができますよ。
初めての方は30日間無利息で利用できるのもうれしいポイントですね。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
女性専用のレディースキャッシングがあるので、女性の方も安心して利用できます。

 

≫プロミス公式サイトへ


≫レディースキャッシングはこちら

 

アコム

アコム
アコムのカードローンも申し込みから契約までスムーズに行うことができ、最短即日融資が可能です。それに、初めて利用する方は30日間無利息で借りることができるのでお得ですよ。
土・日・祝日も申込・契約することができ、借入・返済はコンビニのATMからでも可能なので便利ですよ。

 

≫アコム公式サイトへ

 

SMBCモビット


三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちの方はモビットがおすすめです。こちらの口座をお持ちの方は、WEB完結申込みで、電話連絡・郵送物なしで利用が可能となっています。
24時間スマホから申込みすることができ、来店不要で契約することが出来ますよ。

 

≫SMBCモビット公式サイトへ