携帯止まる

携帯・スマホが止まってしまうこともある・・・。

携帯代が払えないという状況って結構ありますよね。ついつい使いすぎて、携帯代の支払いが口座から落ちなかったり、クレジットカード自体が止まってしまって支払いが出来なかったりというように。

 

でも、今スマホが止まってしまうという事はちょっとあり得ないですね・・・。

 

スマホ自体が止まってしまっても、WifiのあるエリアならばLINEやツイッターなどのネット回線を使うものなら利用できますが、外だとフリーWifiがあるところを探さないといけませんし、使えないところも多くて不便で仕方ありません。

 

なので、スマホが止まってしまうという事は極力避ける必要があります。

 

何よりも、携帯が止まったままで支払えないままでいることにより大変な状況になってしまいます!

 

 

ブラックリストに載ってしまう!

携帯が止められてもWifiが利用できるのならいいかと思う人もいるかもしれませんが、この考え方はかなり危険です。

 

スマホ本体を一括で支払っている人や分割払いが終わっている人ならいいのですが、スマホ本体代を分割払い中の方は、支払わないままでいるとブラックリストに載ってしまうのです。

 

ほとんどの人がスマホ本体は分割で購入していると思います。

 

このスマホ本体の分割払いは、割賦契約といったローン契約になるのです。

 

携帯代を支払わないでいるとこのスマホ本体のローン契約も支払えていない状態になります。

 

ですので、カードローンやクレジットカードを延滞した場合と同じように、最終的にブラックリストに載ってしまうのです。

 

信用情報に金融事故を起こしたという経歴が残ってしまうのです。

 

ブラックリストに載ってしまうと、延滞金を全額返済したとしても5年程ブラックリストに載ったままになります。

 

このブラックリストに載っている間はクレジットカードやカードローンは利用できなくなりますし、住宅ローンやマイカーローンも組めない状態になってしまうのです。

 

これは生活していく中でかなり不便な状態になってしまいます・・・。

 

携帯代を滞納してしまう人で多いのが20代なのですが、20代で住宅ローンやマイカーローンが組めなかったりクレジットカードが作れなかったらちょっと人生プランに大きく影響してきますので注意が必要です

 

携帯が止まったときの対処法

携帯が止まって携帯代を支払えないままでいるとブラックリストに載ってしまうというのは上記で説明しましたが、すでに携帯が止まっているのならばいち早く料金を支払うのが重要です。

 

ただ、お金がいまない状態なので止まっていると思いますので、どうにかいち早くお金を作らないといけません。そのお金を作る方法として以下の2つが考えられます。

  1. 不用品を売る
  2. カードローンでお金を借りる

短期のアルバイトをするとかも選択肢にあるかもしれませんが、なるべく早くある程度まとまったお金を手にするには向いていませんし、仕事的にこれ以上アルバイトを増やすのは無理な方もいるでしょうからね。

 

ですので、この2つで対処するというのが一番合理的と言えるでしょう。

 

不用品を売る

携帯のキャリアがドコモやソフトバンク、auならばある程度携帯代は高いと思いますので、滞納している期間にもよりますが1万円〜3万円程度は必要でしょうね。格安SIMを使っている方だと1万円前後ぐらいになるかと思います。

 

これくらいの金額ならば不用品を売ることによってお金を手に入れられる可能性も十分にあります。

 

漫画であったり洋服であったりブランドのバッグや財布などを売ると作れるでしょう。ブランドものだとある程度高く売れるので、一番いいのはいらないブランド物を売るってことになります。

 

不用品を売るところですが、メルカリやヤフオクを使って売るのが一番が高く売れる可能性がありますが、すぐに売れたとしても入金されるまでにどうしても時間がかかりますので、近所の買取店舗にもっていくのがいち早く現金を手に入れることが出来ます。

 

ただ、ここで焦って安い金額で売るぐらいならば、以下のカードローンを使えば30日間無利息だったりしますので、まずはカードローンでお金を借りて携帯代を支払いして、その後にメルカリやヤフオクでブランド物を売ってカードローンを支払うっていうのがベストではないかと思います。

 

無利息期間内に返済できれば利息を支払わなくていいですし、不用品を高く売ることが出来ればそれはそれでより良いですからね。

 

カードローンでお金を借りる

1番おすすめなのはカードローンでお金を借りるという事です。

 

数万円の金額を借りるのならば、支払う利息もそんなに気にならない程度ですし、一定期間無利息というカードローンもあるのでお得に手っ取り早くお金を作ることが出来ますからね。

 

まずは、早くお金を借りて携帯代を支払い、その後に不用品を売ったり短期のアルバイトに入ったりして返済するという形が理想です。

 

そこでおすすめのカードローンを紹介しておきますね。

 

アコム
★★アコム★★

アコムも即日融資が可能で最短30分で審査回答があります。
実際の申し込み前に、3項目の入力で借入可能かすぐに診断してくれる「3秒診断」が用意されていますので、まずはこれを利用して借入可能という判断ならばそのまま申し込みするといいでしょう。
アコムは、アコムを初めて利用する方を対象として契約日の翌日から30日間無利息で利用することが出来ます。
ローンカードをクレジットカード機能のあるアコムマスターカードにすることもできますよ。

 

 

※ランキングは当サイトでのおすすめ順となります。

 

上記のカードローンは無利息期間もありますし、即日融資が可能なのでお得にすぐに携帯代を返済することが出来ます。

 

ただ、お金を借りるのならば銀行がいいという方は、以下の銀行カードローンが良いでしょう。ちなみに、銀行カードローンは即日融資は無理なので多少時間がかかりますが、以下の三井住友銀行は結構スピーディに対応してくれますよ。

 

 

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

なるべく低金利の銀行カードローンが良いのなら三井住友銀行カードローンが良いでしょう。
三井住友銀行カードローンは、金利が4.0%〜14.5%という低金利設定に加えて、最高融資額は800万円という超高額になっています。まあ、ここまでの金額が借りれる人は少ないでしょうけどね。
三井住友銀行の普通預金口座を持っていなくても利用することが出来ますし、月々の返済額は2,000円からとなっていてかなり少額の設定なので、無理することなくコツコツと返済していくことが出来るでしょう。

 

 

携帯はいつ止まるのか?

携帯代を払わなかった場合、「いつ止まってしまうのか?」「携帯会社から事前に止められると連絡が入るのか?」「それとも、なんの前触れもなくいきなり止められるのか?」と、いろいろと分からないことが多いですよね。

 

自業自得ではありますが、急にスマホが使えなくなると困ります。

 

他のキャリアもあとでいつ止まるのか?というのを解説しますが、auの場合だと「月末締めの翌月25日が支払日」となっていて、毎月25日に銀行口座から引き落とされたりしているでしょう。

 

iPhone

では、この支払日に払えなかった場合、すぐに携帯が止まることはありません。とりあえず支払日翌日にいきなり使えなくなるって事はないのです。

 

そして支払日の1週間〜10日後ぐらいにauからハガキ(料金未納の督促状)が送られてきて、ハガキには、「〇月〇日までに支払いしてください。」といった支払期限が書かれた督促ハガキになっています。

 

この支払期日なんですが、通常の支払日から約15日後となっていて、ガキが届いてから4〜5日後ぐらいに設定されています。

 

で、この支払日までに未納分を払えたら携帯が止まることなく今まで通り使うことが出来ますが、、もし支払日を過ぎてしまった場合は、支払日の翌日に止められます。

 

支払えなかった翌月の10日ごろに回線停止となるという事になります。

 

キャリア別 携帯停止日
携帯会社 通常支払日 携帯停止日
au 月末締め⇒翌月25日払い 支払日から約15日後
ドコモ 月末締め⇒翌月末払い 支払日から約15日〜20日後
ソフトバンク 10日締め⇒翌月6日払い

20日締め⇒翌月16日払い

月末締め⇒翌月26日払い

支払日から約15日後
Y!mobile(ワイモバイル) 月末締め⇒翌月26日払い 支払日から約20日後
LINEモバイル 月末締め⇒翌月5日払い 支払日から約10日後
楽天モバイル 月末締め⇒翌月27日払い 支払日から約15日後

 

基本的にはどこの携帯会社もauと同じように、支払日を過ぎたら自宅に料金未納の督促ハガキが届きます。それでも支払いできなければ止められてしまうといった流れになっています。

 

どの携帯会社も約15日程度で強制的に止められてしまうことになります。

 

(最近流行りの、Y!mobileやLINEモバイルなどの格安スマホの場合は、メールでの料金未納の連絡が入ることもあるみたいなんで、メールをチェックしておくように!)

 

携帯を復活するには支払いするだけ

一度止められてしまった携帯を復活させるには、未納料金を支払う必要があります。各携帯会社から届いた料金未納の請求書をもってコンビニに支払に行く、もしくは口座振り込みすることで、携帯を復旧することが出来ます。

 

もちろん、auやドコモ・ソフトバンクなどキャリアの店舗に直接行って支払することもできます。

 

支払後、復旧するまでにかかる時間なんですが、支払いした時間や携帯会社によって違いがあります。

 

各携帯会社の店舗で直接払った場合は手続きも早いと思いますが、コンビニ払いや深夜に支払した場合は復旧までに時間がかかる場合もあると思います。

 

長くても数時間だと思いますが、どうしてもすぐに復旧させたい場合は携帯会社の店舗に行って支払いするのが間違いないでしょう。

page top